K.学習gym

佐賀市、小城市の完全個別対応学習塾です。

【staffの一人言・深川】いよいよ始まりました🥳

といえば、



Jリーグ❗️


私の大好きな
サガン鳥栖
の試合も
今日15時キックオフ
です😊


アウェイでの試合なので
今日はテレビ観戦になります。
DAZNのみでの放映になりますが、
ぜひ皆さんご覧ください!




 
ブログをご覧になられた方は、
ブログ下の表示の拍手、Twitter、
Facebookのいいね!を押していただけると幸いです。
よろしくお願いします<(_ _)>

Read More

[ 2021/02/27 10:00 ] staffの一人言 | TB(0) | CM(0)

【staffの一人言・深川】梅の花が綺麗な季節になりました。





先週末からの季節外れの暖かさで
近所の牛尾梅林の梅の花も一気に花開き、
また我が家の梅の花も
綺麗に咲きあふれています。


今朝吹雪いている中に咲いている梅の花も
凛々しく感じられました。








ブログをご覧になられた方は、
ブログ下の表示の拍手、Twitter、
Facebookのいいね!を押していただけると幸いです。
よろしくお願いします<(_ _)>

[ 2021/02/17 14:30 ] staffの一人言 | TB(0) | CM(0)

【教室生・今週のお知らせ】2月15日~20日

早いもので2月も半分が過ぎました。
先週末は季節を飛び越え、
4月の暖かさとなりましたが、
また今週水曜、木曜は雪の予報❄


そんな中、中学1、2年生は
ほとんどの学校で
今週来週と学年末テストが行われます。
学年最後のテスト。
体調をしっかり整えて
自分の力を充分に発揮してほしいなと
思います。


今週の教室は通常通りです。


◎送迎利用の皆様へお願い
   お休みされる時は
   当日午前中までにお知らせください。
   送迎車の運行に
   ご協力よろしくお願いします。


 ※ ブログをご覧になられた方は、
       ブログ記事下の拍手、Twitter、
       Facebookのいいね!を押して頂けると
幸いです。











[ 2021/02/16 09:30 ] 今週のお知らせ | TB(0) | CM(0)

【staffの一人言・吉村】身近な商品



愛され50年、
カップヌードル🍥とマクドナルドⓂ️🍔🍟


日清食品創業者の故・安藤百福氏は
自身が開発し、
器に入れてお湯を注ぐだけで食べられる
即席麺「チキンラーメン」を売り込もうと
1966年、渡米しました。
その時、現地スーパーのバイヤーが
麺を割って紙コップに入れるのを見て、
ひらめいたのがカップヌードルです。


麺と容器をセットする「発想の転換」で
商品化にこぎ着けました。
71年、発売当時の価格は、1個100円。
袋麺が25円ほどの時代には高価に商品でした。


東京・銀座で試食発売を積極的に行い、
72年に長野県軽井沢町で起きた
「あさま山荘事件」で
機動隊員がカップヌードルを食べる姿が 
高視聴率のテレビ中継で映し出され
話題になり、各家庭に広まりました。




マクドナルドは、1号店を東京・銀座に開店。
初代社長の故・藤田 田(ふじた でん)氏は
「新しい食文化の創造と拡大」を掲げました。


71年7月、歩行者天国には
ハンバーガーとコーラを持った若者があふれ
たちまち「最先端のおしゃれ」になりました。


77年には、自家用車の普及を受けて
初のドライブスルー付の店舗とオープン。


80年代になると女性の社会進出をにらみ、
外食店では珍しかった
朝食メニューを始めました。
「お子さまセット(現ハッピーセット)」も
この頃生まれたものです。


2005年には100円マックを導入、
客一人一人に作りたてを提供する方式も
確立しました。


どちらも、ちょっとした時に食べたくなる、
身近な商品です。
カップヌードルは家庭で、
マクドナルドもドライブスルーや宅配で、
家庭で安心して食事できる、
接触を防げる、食べやすい国民食です。




ブログをご覧になられた方は、
ブログ下の表示の拍手、Twitter、
Facebookのいいね!を押していただけると幸いです。
よろしくお願いします<(_ _)>







[ 2021/02/03 12:30 ] staffの一人言 | TB(0) | CM(0)

【staffの一人言・中川】国語力を培うために

 
国語は全ての教科の基礎と言われていますが、その勉強法は?と尋ねてみると
殆どの方がたくさん本を読めば良いと、、、
しかし、ただ活字を追っているだけでは限界があるようです。


国語力とは
①長文を読み解く力
②言いたいこと、伝えたいことを表現する力
③暗記分野(漢字、熟語、ことわざ)
この3つを高めていくと強固な国語力となるようです。


これをどのように取り入れて行けば良いのか
漠然としているようですが
ちゃんと道筋があります。


この中で一番取り組み易いのが
③の暗記分野です。
漢字、熟語、ことわざなど
言葉の意味や使い方等を深めれば
その力は多岐にわたります。
この部分は、一極集中して
ゲーム感覚で習得出来る分野と言えます。


次は、②の表現する力です。
表現と言えば、
作文など文章を書く事と考えがちですが、
子ども達にそれを強いるとかえって
国語嫌いをつくる事になりかねません。


そこで、ここでは発想を変えて
言葉で表現する事をお薦めします。
その方法として、
簡単なプレゼンテーションを取り入れてみましょう。
例えば、
「〇〇が欲しい。買って欲しい。」等
日常にあることを題材として、
どうして〇〇が欲しいのか。
それを買うことでどのようないい事があるのか。
お金を出す人にも良い事があるのかなど
お金を出す人を納得させる様説明をしてもらうのです。


また、身近にあるものを
それを見ていない人にもわかるように説明してもらうなど
これもゲーム感覚で行えます。
上手く説明出来るようになれば
順序良く物事を考える力も備わってきたと
期待できます。


最後に①です。
これが一番厄介な分野になります。
しかし、③②が上手くこなせるようになれば
①は、それらの分野の集大成です。
臆する事なく国語力が培われる事になるようです。






ブログをご覧になられた方は、
ブログ下の表示の拍手、Twitter、
Facebookのいいね!を押していただけると幸いです。
よろしくお願いします<(_ _)>



















Read More

[ 2021/01/27 12:30 ] staffの一人言 | TB(0) | CM(0)